覚書き

フラットコーテッドレトリーバー♂ ルークとラウル

洋服 覚書

自分の覚書です。興味の有る方はお読み下さい。

洋服について。


2年前に断捨離を始めてから、物が随分減りました。
洋服も減りました。
このままある物を着倒していって、最終的に洗い替え枚数分だけ残して、余生をそれで過ごせばいい。とまで思ってました。
「もう服は買わない」って。

でも先日用事でショッピングモールへ行ったら、今ふうの素敵な服がたくさん。
春だし。
「欲しいなー」と思っては、「衝動買いはいけない」とその場を去り、でもやっぱり欲しくて戻ったり。

結局、買ってしまいました。

「しまいました」というのは、断捨離をしている人「あるある」だと思うのですが、断捨離は物を捨てることだけでなくて、物への執着心を捨てること。
断捨離を始めると、「いっそ全てを捨てて、何もない部屋に暮らしたい」「タンスの中身を全て捨てたい」とか思ってしまうもので。
「物を増やす」「物を買う」ことは「悪」に思えてくるんです。

なので、買って「しまいました」になるんです。

でもね。
新しい服を着たら気分が上がる!
一日が楽しい!

そんなに高い服ではないですけど。
手持ちの服と合わせて、ひとりファッションショーしたり。

興味のない人からすると馬鹿馬鹿しいだろうけど、私はよっぽど「服飾」が好きなんだなあ、と思います。
買うのも着るのも、考えることも。
だからきっと、縫うのも編むのも好きなんだと思う。

流行を追うつもりはもうないけど、年齢を重ねるほど、少し小ぎれいにしておかないと、
・不潔な人に見える
・おじさんかおばさんか分らない人に見える
というのはイヤだなあ、と思ったり。

服の枚数は減らしつつも、「今着たい服」だけは持ち続けていたいなあ、という今の気持ちを、覚書としておきます。

ストイックに断捨離に励むあまり、煮詰まっている方にも、ご参考になればと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad