覚書き

フラットコーテッドレトリーバー♂ ルークとラウル

ワクチンの後の食事

先日、ワクチン接種に行きました。
ついでに気になっていたしこりも診てもらって「脂肪腫でしょう」の診断に先ずは一安心。

ワクチンや予防薬の類は獣医師の中でも賛否両論あって、副作用や発ガン性の危険もデータで上がっている一方、投与しないと伝染病に感染するリスクも高くなるわけで。

うちは一応、まだまだお出掛けする機会が多いので、感染リスクの方に重点を置いて投与してますけど。
となると気になるのが薬物の危険性の方。

で、接種や投与後は、食事を「ごぼう汁」にして排毒するようにしています。
普段「出汁」としては干し椎茸・昆布・かつお節の粉末を使うのですが、投与後3日間ぐらいは、これらは使わずに、ごぼうの出汁にします。

DSC_0165.jpg

ごぼう茶が便利。(^^)

その間はいつものグルコサミンとかも入れません。一緒に排出されちゃう気がして
(分からんけど)もったいないから一時お休み。
排毒終わって通常の「出汁」に戻ってから、今度は免疫力アップの為にニンニク(少量)・生姜を入れます。
グルコサミンも復活。


基本、生食なルークですが、冬は過熱食の割合も増えます。

が、せっかちなルーさん、冷めないうちから「早よくれー」と忙しないので、早く冷ます為に、葉っぱ物のみじん切りを冷凍しておいて、氷代わりに食器に投入。

DSC_0160.jpg

薄ぺったんに凍らせておいたら、パキッと割れて便利。
今は葉ものが高いのでカブの葉が重宝~(^。^)

内臓を温める方がいいのはヒトも犬も同じ。
フードを水でふやかしてあげてる人は、ぬるま湯にしてあげた方が、温まっていいそうですよ♪


ルークもお年のせいもあって魚の割合も増えてきました。
でも新鮮で安い(←重要;)魚がいつも手に入るわけではないので、見つけた時に買いだめて、冷凍しておきます。

DSC_0161.jpg

生シャケはお手頃。
きびなごやかますごなんかは調理要らずで便利。


食事でどれだけ健康を維持できるのかは分かりません。
あまり神経質にやったところで、しょせん、猫のウン●拾い喰いするヤツ
だからな~(○`ε´○)と、気負わずに続けてます。

美味しい思いして、機嫌よく寝てくれればそれでいいです。

DSC_0166.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad