覚書き

フラットコーテッドレトリーバー♂ ルークとラウル

嗚呼カッパちゃん

大好きなカッパのピーピー音が鳴る人形を買ってもらって、ご機嫌なディーくん。
早速、ランへも持参して、ラン内で咥えてピーピー。
L0677-1.jpg
手前に緑色のボールも確保。というのは、他の犬がピーピー音に気付いて近づいてくると、即座に手前のボールを咥えて、カッパちゃんは口の奥に隠す。いわゆる、「見せボール」。
当然、その時は音も鳴らさず、「何も持ってないよ~、ほら、この(壊れた)ボールだけ。」という顔をしてみせるディーくん。

が、見せボールを咥えるのも忘れる程、没頭するディーくんの前に、ルーク登場。
「それ、ちょうだい。」
L0677-2.jpg

「ねえ、ディーくん・・・」
L0677-3.jpg

無視!!( ̄- ̄)

みんなが大好きなカッパちゃんはこれ。
L0677-4.jpg

頭だけ見えてると、みんなが狙ってくる。
「ディーちゃん、頭が見えてるで。」と母さんに言われると、ムニムニと咥えなおして口の奥へしまうディーくん。
そしてまた、ひとりでピーピー。
一心不乱にピーピー。

・・・友達は要らないのか?カッパちゃんがあればいいのか?

「遊ぼうよう。」
L0677-5.jpg

「ねえ、遊ぼうよう、ディーくん。」
L0677-6.jpg

無視!!( ̄- ̄)

ルークのしっぽは急降下。目もしょんぼり。
どうやら、ルークはカッパちゃんが欲しいんじゃなくて、ディーくんと遊びたかったらしい。


ところが、その後、咥え疲れたか、ディーくんがちょっと離した隙にサブちゃんに盗られた。
「サブならすぐ取り返せる」と思ったか、ところがサブちゃんがポイした隙にルークがゲット!

ディーくん、「あっ!!しまっ・・・(+o+)」という顔をしたがもう遅い。

カッパちゃんをガッチリと咥えたルークはダッシュッッッ!!
「カッパちゃん返せ~~~ッ!」とディーくんに追いかけられ、ルークのしっぽは急上昇。ブンブン回ってる。

ほんとーーーに、遊んで欲しかったんだな・・・(分かりやすいヤツ)

(遠くから)
「ワンワン!(返せよぅ!)」
L0677-7.jpg

(ちょっと近づいて)
「ワンワン!(返せったら!)」
L0677-8.jpg

(更に近づいて)
「ワンワン!(カッパちゃん返せーっ!)」
L0677-9.jpg
↑ルークご機嫌。しっぽ振りまくり。
「追いかけて来~い!引っぱりっこしようぜ~!」と思ってるに違いないルーク。

ところが、ディーくんはそんなことは興味ない。つーか、ぶっちゃけカッパくん返してさえくれればいい。(無傷で)

ということで、緑のボールを咥えてきて、ルークの前へポトンと置いた。
L0677-10.jpg

母さんいわく、「これ、あげるから、ほら、こっちの方が楽しいよ!」という作戦らしい。

ディーくんの知能は素晴らしいと思う。
だが、哀愁を誘うのは何故か・・・(-_-;)

ちなみに、このカッパちゃんはディーくんにとって二代目。
一代目はニキ嬢によって天に召されたらしいが。

この二代目カッパちゃん、この後、ルークによって天に召されました。合掌。

コメント

今日は予想だにしなかったまさかの雨。
昨日走らせといてよかったよ。ありがとう。
お洋服もありがとう。
やっぱり可愛い。
つぎの部分のゴロゴロもディーは全然気にならないようです。

それにしても昨日のルークくんは本当につまらなそうでした。
ディーの愛情と関心を独り占めした憎き河童野郎を抹殺したくなった気持ちわかる(あの河童ちゃん粉砕には憎しみがこもってたもん)

あんなディーですが、これからも愛してあげてねルーくん。

でも、私はふと思った。
ルークくんが自分を無視して他の子と仲良く遊んでいる時のニキータは、あんな気持ちなのかも?と…
するとニキは相手を粉々にして抹殺してやりたいと思っているのか?

ヒェ~~~怖い!

  • 2008/12/17(水) 11:59:07 |
  • URL |
  • ニキのはは
  • [ 編集 ]

>ニキのははさん
こちらこそありがとう。
次の週末にカッパ探しの旅に出ます。(笑)

憎き河童野郎か・・・
確かに、携帯で喋って帰ってきた時に、カッパちゃんの頭と胴体がまっぷたつになっていた時は目が点になった。(-_-;)
そしてその後、ブチブチブチと粉砕されていくのは余りにも哀れだった。

ニキ嬢がこれを、あの小さい黒いコちゃんに仕掛けたとしたら・・・
{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~

  • 2008/12/17(水) 17:13:51 |
  • URL |
  • ますみん
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad