覚書き

フラットコーテッドレトリーバー♂ ルークとラウル

凸凹コンビ

L0664-1.jpg
お友達のココちゃんはボロニーズという珍しい犬種。
マルチーズとかビションフリーゼとか、あの系列らしい。なので小型犬。

でも2ぴきは仲良し。
L0664-2.jpg

おんなじ格好してるし。(笑)
L0664-3.jpg

ルークは、散歩中に会う小型犬が、よく寄ってきてくれる。
飼い主さんに、「大型犬、平気なんですね~。」と話しかけると、「いいえ、大きいコはダメなんですけど・・・このわんちゃんは大丈夫みたいです。」と言われる。

小さいコが、ルークのお尻の匂いをクンクン嗅いで回ったり、元気のいいコは頭にぴょんぴょんと飛び掛ったり。その間、ルークはボーーーーーッと突っ立ってる。

小さいコに会うと(たいていのコはルークより小さい)「小さいコやで!優しくやで!」と私は以前からルークに言ってきたのだけど、犬がそんな言葉を理解しているとも思えないし。
まあ、ルークなりに何か思うところがあるのか。


ところで、ココちゃんと遊んでいると、たまにルークがココちゃんをひっくり返して、マズル(鼻っツラ)をはむはむとすることがある。
ルークの口にはココちゃんの頭ごと入ってしまいそうで、私はヒヤヒヤしながら見ているのだけど、一応傷つけないように配慮はしているらしい、優しく、でもしっかりと咥えている。

本によると、これは、母犬が仔犬に、或いは、先輩犬が後輩犬に、上下関係を示す為の行為だとか。

ルークの方が年上。つまり上位づけの行為なのか。

人間は犬に「しつけ」はできるけど、犬社会の上下関係に介入はできないのかもね~。
ケガしない程度に、犬に任せるのがいいのかしらね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad