覚書き

フラットコーテッドレトリーバー♂ ルークとラウル

かっこ悪ッ

先週の日曜日、生憎の天候の中「どうせ濡れるんだから」とまだ肌寒い海へ。

こいつには「肌寒い」とかそういうことはお構いなし。砂浜が見えた途端、ロングリードも引き千切らんばかりに走り出し、「ボールッ!ボール投げてッ!」と振り返って催促する。

L0444.jpg

ご主人が遠投したボールを追って波間へどぼん!
多分、ここではノーリードでも逃亡することはないだろう。「次、投げてッ!」って帰ってくるに決まっているからね。
でも他の人もいるし、一応リードをつけておく。と、この20mリードが結構重い。しかも水に濡れてずっしり。負荷掛けて泳いでるアスリートのようだな・・・

L0441.jpg

「気が済むまで」というわけにはいかないので(←疲れ知らず)ある程度遊ばせたら撤収。
直きにひっくり返ってこういうこと↓するので、道具を片付けているご主人を残し、ルークを海水で洗って砂が付かない内に私だけ犬連れてさっさと砂浜脱出。

L0442.jpg

L0443.jpg

と、そこでばったり、訓練士の先生に遭遇。
「あら~、久しぶりね、随分大人しくなりましたね。」と褒めて頂いた矢先。
ご主人を放ってきた私に対して「ふがががー!」
そして波打ち際を振り返り「ひゅーん、ひゅーん(ご主人~オレはご主人の側を離れないよぅ~今行くよう~)」とばかりに泣き出し、引っ張り出す始末。
そのまま放しても多分、99%脱走はしないだろう。でも先生の前であっさりリードを放すのは飼い主としてどうなの(>_<)と思い必死で握り締める。
当然、砂に足を取られて踏ん張りもきかず、ズデッと引き倒されてザザザーッ・・・
オイ!ヾ( ̄o ̄;)

「まあ、ご主人が大好きなのね~。」とフォローして下さったが、アタシの立場はッ!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad