覚書き

フラットコーテッドレトリーバー♂ ルークとラウル

生後50日

ラウル、5月10日生まれ。
生後50日で我が家にきました。

到着後すぐにトイレシーツでおしっこして。(ブリーダーさんありがとう)

R0002-1.jpg

おもちゃで遊び。

R0002-2.jpg

寝た。

R0002-3.jpg

ブリーダーさんから
「ラウルくんはリラックスするとこういうポーズで寝るんですよ。」
と聞いていたので、到着早々リラックスしてくれたのかなと安心しました。

R0002-4.jpg

寝る子は育つ。
早く大きく育って、小心者の奥さんを安心させて下さい。m(__)m

はじめまちて

ぼく、ラウルでし。
よろしくお願いしまつ。

20140629165300dfa.jpg

準備

明日、仔犬を迎えに行きます。
今日は部屋を仔犬仕様に模様替え。

20140628200354876.jpg

ルークのもので使えるものは使います。
ルークを迎えるときは何を用意したらいいか分からず、しつけ本読んで片っ端から揃えたっけ。
無駄な買い物もありましたが、今回は足らないものだけを買い足します。

トイレトレーは、今では最初からメッシュ付きなんですねー。
うちのは旧型だから、メッシュ風の網を買ってきて挟みました。
ルークの時は紙だけ敷いてぐちゃぐちゃにされてキーキー言ったっけ。
今回は経験を踏まえて(笑)最初から対応。

20140628200458f1a.jpg

トイレシーツもルークの時のものが残っていたので出してきたけど、10年前のもの。(笑)
もうこんな商品ないかも?(上の商品)
新しいのも買ってきました。(下の商品)

201406282003546d1.jpg

ルークが残したおもちゃもたくさん。
箱いっぱいだったので、取り敢えず仔犬が使えそうなサイズのものをチョイスして小箱に入れました。
「お下がり使わせるんかー!」とご主人は言うけど、別にケチで使わせるわけではありません。(怒)
ルークが使っていたものを、次の子が使ってくれて、潰して、それでその物の価値を全うするというか。
「ありがとう」って言って、やっと捨てられる気がするんです。

仔犬育ては二度目だけど、新しい子を迎えるのはやっぱり不安があります。
でも今回は、ルークがくれた経験と、知識と。
何よりも、周りにお友達がたくさんいてくれて、頼りになるところが、心強いです。

明日からまた、幸せな日が始まりますように。

お知らせ

突然ですが、我が家にルークの弟分が来ることになりました。

「一周忌も終わってないうちから、早すぎるんじゃないの?」
「薄情な飼い主だな。ルークのことはもういいのか。」

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

自分でもそう思います。

なのでかなり悩みました。
本当に、まだ早いんじゃないかという点では特に悩みました。


それでも、次に来る犬はルークが「オレの後釜見つけてきたで。」って出会わせてくれると信じていたから。

今回のこのご縁は、私たちが見つけたんじゃなくて、ルークに選ばされたっていうか、なんだかそんな気がしました。

そんな話をTVで見聞きすると、「作り話やろ〜」と非科学的な事には疑心な私でしたが、ルークの件以来、「なんだか不思議な感覚なんだけど」ってことが結構あって。

その不思議な感覚に、素直に従うことにしました。


で、先日、ブリーダーさん宅へ面会に。

R0001-1.jpg

水色リボンの子がうちへ来ます。

R0001-2.jpg

まだまだ眠いよね〜。

R0001-3.jpg

やんちゃそう?

R0001-4.jpg

抱っこさせて貰いましたが、小さすぎて怖い。
ルークを初めて見たときはもうジュニアサイズだったからなあ。

R0001-5.jpg

こちらママ犬。

R0001-6.jpg

こちらパパ犬です。
ルークと似てる系?

R0001-7.jpg

仔犬より、パパ犬と戯れてご機嫌なご主人(ダンナ)でした。(笑)

FC2Ad