FC2ブログ

覚書き

フラットコーテッドレトリーバー♂ ルークとラウル

お久しぶりです

しばらくネット落ちしてました。
ルークは元気です。

「今日は雨でつまらん~。」
L930.jpg


実は前回の記事で「たんじょうびおめでとう~♪」と書いた翌日。

ルークの顔が腫れていることをご主人が発見。
(私は「そうかな~?まあ言われてみればそんな気も・・・」ぐらいだったのに、「あきらかに左右違うやろ!」とご主人。唇をめくってみると歯茎が腫れている。さすがご主人の観察力。というか、毎日一緒にいて私はなんで気つかんかってん(-_-;))

が、歯槽膿漏とかなら歯茎の腫れもぶよぶよしてるはず。(人間の場合ですが)
けれどそれは、触ったら硬かった。

瞬間、「ついにきたか。」と思った。
覚悟をきめなきゃ、と思った。
でもすぐに動揺した。

フラットを飼っている人なら、口腔内の出来物、となると先ず思いつくだろう「メラノーマ(口腔内の悪性腫瘍)」。
何故ならフラットの死因の一位はガンで、しかもメラノーマがダントツ、という記事をよく見るから。

すぐ動物病院へ。
レントゲン等とったけど、それではよくわからない。
先生はルークの年齢も考えて、しかも「フラットだし」とも考えたんだろう。
「腫瘍の可能性が高いので、切除して検査に出さないと、良性か悪性かは分かりません。」って。

その日は手術日を予約して帰宅。

「急にリンパが腫れてくるとか、鼻血が出るなどしたらすぐ連絡ください」と言われ、ビクビクしながら手術日までを過ごす。
ネットに繋ぐとつい色んな情報を探して、悪いことばかり考えてしまうだろうから、パソコンも点けない日々になりました。

手術当日は、不甲斐ない私の為に、うっちゃんははとあひるん♪さんが車で送迎をして下さり、一日つきあってくれ、心強かったです。

帰りに麻酔がきれてなかったら車に乗れないかも、担いで乗せなきゃいけないかもと思い、介護用ハーネスまで持っていったのだけど。
迎えに行ったら、自分でサッサと歩いてあひるん♪さんの車のラゲッジルームに飛び乗り、助手席に置いてたパン目掛けて突進・・・(朝から絶飲食だったからなぁ(-_-;)
帰宅後すぐ、空の水入れをスタンドごとひっくり返して「水くれ~~!」と催促。

あひるん♪さん(看護師さんです)が「元気そうですよ~、大丈夫ですよ~。」と言ってくれたのでその日は先ず安心したのだけど。

今度は「検査の結果は後日電話で連絡します。」に、胃を痛めて待つこと10日。

昨日ようやく電話あり、「悪性ではありませんでした。」の知らせにようやくホッとして、日常が帰ってきたのでした。


とまあ、長くなってしまいましたが誕生日からバタバタして気づくともう3週間経ってしまいました。

その間、覚悟を決めては打ち消したり、反対に、期待しては打ち消したり。
私にとっては長い3週間でした。

ただひとつ、思い知ったのは。

今回の結果が良くても悪くても、ルークが傍にいてくれるのは、あと数年もないと
いうこと。

10歳超えられるかどうか、といわれるフラット。
8歳の誕生日を過ぎて、これは避けられない事実なわけで。

なのに、ここ数年、私はパソコンゲームに夢中になってしまっていたことを、やっと実感したのでした。

夢中になるあまり、ルークが「遊ぼうよ」と寄って来るのが疎ましくて。
「あっちで一人で遊んでてよ!」と睨んだこともあっただろう、その度に、
ルークのしょんぼりした顔が。
肩を落として去っていく姿が、ルークの手術中、思い出されて仕方なかった。

そんなことを、今になって思い出すなんて。
このまま逝かせてしまったら、悔やみきれない、と思った。


幸い、今回は良い結果が出たけれど、一緒にいられる時間が短いんだろうことは事実で。
最後まで、楽しい想い出を作りたい。いっぱい遊びたい。
後悔のないように、しょんぼりした顔を想い出に残さないように。

一緒にいられる一日一日に感謝して、少しでも長く多く、ルークの笑った顔を見ていられますように。

FC2Ad