覚書き

フラットコーテッドレトリーバー♂ ルークとラウル

メリークリスマス

今年のクリスマスケーキはブッシュ・ド・ノエルにしました。
L0680-1.jpg

チョコレート色ですが、いなご豆の味。(笑)
(犬にチョコレートやココアは与えないで下さい。中毒の恐れがあります。)

カットして小皿へ。
「待て」かけて。
L0680-2.jpg

「よし。」
L0680-3.jpg

もうないし。(-_-;)
作るのに3時間ぐらい掛かったんですが。

クリスマスディナーはステーキ。(オージービーフですが)
L0680-4.jpg

「待て」かけて。
L0680-5.jpg

「よし。」
L0680-6.jpg

カメラ構え直したら、いつも半分以上減ってるよな・・・(-_-;)

愛犬用のおせち

12月になってあちこちで予約開始したと思ったら、あっという間に「予定数完売となりました」の文字が。

3000円、5000円クラスのものが、あっという間に完売するこのペット産業の凄まじさ。というか、この不景気に、なんという太っ腹な飼い主が多いんだろう。愛情の深さかな。
「松坂牛入り犬用おせち 1万円」というのもあった。

万年不景気なうちとしては、今年も料理本やレシピサイトを パクって 参考に、安くあげたいと思ってます。ついでに人間用も。

あ、その前にクリスマスケーキか。これもレシピサイトを パクって 参考に(以下同文)

さてルークのごはん。
L0679-1.jpg

冬至でカボチャサラダにしました。
で、残った分で翌日はカボチャコロッケに。

L0679-2.jpg

ルークはというと。
L0679-3.jpg
(「待て」かけられてる。ヨダレ垂れ流し。)

L0679-4.jpg

「よし」かけてカメラ向けたらもうコロッケはなかった。(写真ブレてるし)
サラダでもコロッケでも、形状はどちらでも構わないらしい。
中身一緒だしな。(-_-;)

マイホーム

不景気続きの1年でした。
年末に来て、非正社員の大量解雇、又は正社員も一部解雇、賞与カットなど、悪いニュースが続きます。

住む所がなくなった人。
35年ローンでマイホームを買った人。
どうなるんでしょう。

マイホームを買ったから、犬を飼い始めた、という人も多いと思います。
ローンを払えなくて、家を手放すことになったら。
犬たちはどうなるんでしょう。

そういうことが、とても気になります。

うちは、古くて小さい家だけど、実家なので、職を失って即退去、ということはないと思うので(固定資産税さえ払えれば)それだけはなんとかホッとするところです。

L0678-4.jpg
「寒くても平気だけど。犬だって暖ったかい方がいい。」(下半身はコタツの中)


犬を手放すのって、飽きたから、とか、勝手に仔犬を産んで増えたからとか、病気になって世話が面倒になったから、とか、そんな身勝手な理由だけじゃなくて。
止むに止まれぬ事情で、ってことだってたくさんあると思う。

そんなことにならないように、せめて身の丈にあった生活をしたいね。
人間の物欲は果てしないけれど、犬の欲求って、最後まで飼い主の側にいられることだと思うから。

L0678-1.jpg
ボール投げしたり。

L0678-2.jpg
ひっくり返ってゴロンゴロンしたり。

L0678-3.jpg
草まみれになって汚れたり。

犬の楽しみなんてそんなもんだと思うけど、飼い主が連れて帰ってくれると分かっているから、安心して遊んでいられるんだと思う。

古くて小さな家でもさ。

三味線って・・・

先日、TVのクイズ番組を見ていると。

「三味線の皮は、猫の皮を使っているものが断然多い。○か×か。」

というのをやっていました。

私は、「そりゃ、×だろう~。このご時世に、合成皮革に決まってるよね。」

と思ったんですが。

答えは×。
ただし、理由「猫の皮を使うのは本番用のみ。練習用のものは、犬の皮。」

・・・・・・

え?

ええええ~~~~~今、なんと!?

まあ、クイズに使われるぐらいだから、知らない人が多いとは思うんですが・・・なんとも・・・

「三味線って、ちょっと格好いいよね。」なーんて思ってたんですが、これからは三味線見たら泣くかも。(T_T)

当然、死んでから使うんだよね!?せめてそれだけは「Yes」と言って欲しい・・・うぅぅ

番組見た直後は、「見なけりゃ良かった。知りたくなかった。」と思ったんですが、知ったからこそは、『合成皮革にしよう運動』とかあったら、是非参加したいと思います。マジで。

嗚呼カッパちゃん

大好きなカッパのピーピー音が鳴る人形を買ってもらって、ご機嫌なディーくん。
早速、ランへも持参して、ラン内で咥えてピーピー。
L0677-1.jpg
手前に緑色のボールも確保。というのは、他の犬がピーピー音に気付いて近づいてくると、即座に手前のボールを咥えて、カッパちゃんは口の奥に隠す。いわゆる、「見せボール」。
当然、その時は音も鳴らさず、「何も持ってないよ~、ほら、この(壊れた)ボールだけ。」という顔をしてみせるディーくん。

が、見せボールを咥えるのも忘れる程、没頭するディーくんの前に、ルーク登場。
「それ、ちょうだい。」
L0677-2.jpg

「ねえ、ディーくん・・・」
L0677-3.jpg

無視!!( ̄- ̄)

みんなが大好きなカッパちゃんはこれ。
L0677-4.jpg

頭だけ見えてると、みんなが狙ってくる。
「ディーちゃん、頭が見えてるで。」と母さんに言われると、ムニムニと咥えなおして口の奥へしまうディーくん。
そしてまた、ひとりでピーピー。
一心不乱にピーピー。

・・・友達は要らないのか?カッパちゃんがあればいいのか?

「遊ぼうよう。」
L0677-5.jpg

「ねえ、遊ぼうよう、ディーくん。」
L0677-6.jpg

無視!!( ̄- ̄)

ルークのしっぽは急降下。目もしょんぼり。
どうやら、ルークはカッパちゃんが欲しいんじゃなくて、ディーくんと遊びたかったらしい。


ところが、その後、咥え疲れたか、ディーくんがちょっと離した隙にサブちゃんに盗られた。
「サブならすぐ取り返せる」と思ったか、ところがサブちゃんがポイした隙にルークがゲット!

ディーくん、「あっ!!しまっ・・・(+o+)」という顔をしたがもう遅い。

カッパちゃんをガッチリと咥えたルークはダッシュッッッ!!
「カッパちゃん返せ~~~ッ!」とディーくんに追いかけられ、ルークのしっぽは急上昇。ブンブン回ってる。

ほんとーーーに、遊んで欲しかったんだな・・・(分かりやすいヤツ)

(遠くから)
「ワンワン!(返せよぅ!)」
L0677-7.jpg

(ちょっと近づいて)
「ワンワン!(返せったら!)」
L0677-8.jpg

(更に近づいて)
「ワンワン!(カッパちゃん返せーっ!)」
L0677-9.jpg
↑ルークご機嫌。しっぽ振りまくり。
「追いかけて来~い!引っぱりっこしようぜ~!」と思ってるに違いないルーク。

ところが、ディーくんはそんなことは興味ない。つーか、ぶっちゃけカッパくん返してさえくれればいい。(無傷で)

ということで、緑のボールを咥えてきて、ルークの前へポトンと置いた。
L0677-10.jpg

母さんいわく、「これ、あげるから、ほら、こっちの方が楽しいよ!」という作戦らしい。

ディーくんの知能は素晴らしいと思う。
だが、哀愁を誘うのは何故か・・・(-_-;)

ちなみに、このカッパちゃんはディーくんにとって二代目。
一代目はニキ嬢によって天に召されたらしいが。

この二代目カッパちゃん、この後、ルークによって天に召されました。合掌。