覚書き

フラットコーテッドレトリーバー♂ ルークとラウル

とんぼ池公園

GW初日。
大阪府にある「蜻蛉池公園」に行ってきた。
L0445.jpg

特に何があるというわけではないのだけど、大きな緑地公園。大きな池もあって眺望もいいし、散歩に最適。

犬連れの散歩も多いのか、「犬には引き綱を」とか「糞は持ち帰りましょう」など、当たり前の注意書きが書かれた看板も出ている。

で、↓この看板はうちの犬用?(笑)
L0446.jpg

L0447.jpg

そして白鳥に近付きすぎて、大きな羽根を拡げて「シャーッ!」と威嚇されるヤツ。
L0448.jpg


張り切って歩いたのはいいけど、結構な急勾配が多く、脚よりも背中にきた。
二日経った今朝になって、背中の痛みで起き上がれなかったし・・・

かっこ悪ッ

先週の日曜日、生憎の天候の中「どうせ濡れるんだから」とまだ肌寒い海へ。

こいつには「肌寒い」とかそういうことはお構いなし。砂浜が見えた途端、ロングリードも引き千切らんばかりに走り出し、「ボールッ!ボール投げてッ!」と振り返って催促する。

L0444.jpg

ご主人が遠投したボールを追って波間へどぼん!
多分、ここではノーリードでも逃亡することはないだろう。「次、投げてッ!」って帰ってくるに決まっているからね。
でも他の人もいるし、一応リードをつけておく。と、この20mリードが結構重い。しかも水に濡れてずっしり。負荷掛けて泳いでるアスリートのようだな・・・

L0441.jpg

「気が済むまで」というわけにはいかないので(←疲れ知らず)ある程度遊ばせたら撤収。
直きにひっくり返ってこういうこと↓するので、道具を片付けているご主人を残し、ルークを海水で洗って砂が付かない内に私だけ犬連れてさっさと砂浜脱出。

L0442.jpg

L0443.jpg

と、そこでばったり、訓練士の先生に遭遇。
「あら~、久しぶりね、随分大人しくなりましたね。」と褒めて頂いた矢先。
ご主人を放ってきた私に対して「ふがががー!」
そして波打ち際を振り返り「ひゅーん、ひゅーん(ご主人~オレはご主人の側を離れないよぅ~今行くよう~)」とばかりに泣き出し、引っ張り出す始末。
そのまま放しても多分、99%脱走はしないだろう。でも先生の前であっさりリードを放すのは飼い主としてどうなの(>_<)と思い必死で握り締める。
当然、砂に足を取られて踏ん張りもきかず、ズデッと引き倒されてザザザーッ・・・
オイ!ヾ( ̄o ̄;)

「まあ、ご主人が大好きなのね~。」とフォローして下さったが、アタシの立場はッ!!

春の新作 その2

またまた面白みのないデザインでどうも。m(_ _)m

L0440.jpg


ソーイング修行中なので、お友達わんこに「練習台になってよ」とお洋服作りのお約束をしたのはいいんだけど。

ルークの場合、単純に陽除け・泥除け目的なので、デザイン性は意識してなかった。が。

小型犬用の洋服をネットで見ていると、とても可愛い!

これは、縫う練習以前に、デザインの勉強が要るような・・・o( _ _ )o


と、取り敢えず、残り布で(すみません;)縫ってみる。
女の子服はスカートが要ることも学習したワタシ。(^^;;;

↓ サイズ比。(笑)
L0440-5.jpg

モデル犬(^^ゞ

お友達のモーニンさん経営ネットショップ

ハンドメイドの首輪バブーシュカ

新作首輪のモデル犬をさせて貰ったルーク。(^^ゞテレテレ

DSC04218.jpg


これは私が撮った写真なので上手く撮れてないんだけども;;
30mmの太幅が大型犬にはピッタリ♪
黒革も格好いいし、羽根飾りがゆらゆら揺れます。

他にも色んなタイプがありますよ。
キニナル方はショップへGO!
http://babooshka.in/

ランのハシゴ

朝、お友達からTEL有り。
「午前中にランに行きましょう。」
ということでいつものドッグラン&カフェへ。

このお友達は3頭飼いで、先ずビーグルとボストンテリア。
L0438.jpg

ボステリのチャコちゃん、飛んでるし。(笑)

それにまだ仔犬のボクサー、イブちゃん。
L0437.jpg

何にでも興味のあるお年頃。ずっと爆走していたし。

そこへわかやまーずからメール有り。
「午後から市営ランに行きます」とのこと。
そのまま直行しようかと思ったが、ルークが
「暑いよぅ、疲れたよぅ、もうおうちに帰りたい」
とぐずり出したので、家へ寄って犬だけ置いて、私だけ市営ランへ。

お友達わんこと戯れ、お喋りを楽しんでから買い物して帰宅するともう夕方。
いつもなら買い物袋の野菜や肉に興味津々で寄って来るくせに、いきなりジャケットやジーンズの匂いを嗅がれた。
「あっ!( ̄□ ̄;)!! 買い物、とか言っといて、他所の犬と遊んで来たなぁッ!(`へ´)ぷんぷん」
と言いたげに、鼻っ面を擦り付けてしつこく嗅ぐ。
「だって、お前、寝るって言うたやん。」
「ランへ行くなら連れてけよぅ!くっそぅ!」
の押し問答で、なかなか玄関から家へ上げてもらえず。

連れてってもらいたいならもっと体力つけ給え。