覚書き

フラットコーテッドレトリーバー♂ ルークとラウル

健康 覚書

犬と関係ない記事です。
自分の健康の為に、気になる記事をスマホで見つけたらパチリ、スクリーンショットを撮ってます。
今の時期は「冬季うつ病」というのが気になってます。
少し貼っておきますので、気になる方は参考にしてみてくださいね。
(字が小さいです。クリックして大きい画面にすると読みやすいと思います)

Screenshot_2016-12-09-20-48-35.jpg

冬季うつ
Screenshot_2017-01-06-20-04-52.jpg

副腎疲労
Screenshot_2017-01-27-20-35-19.jpg

副腎疲労とカフェイン
Screenshot_2017-01-29-13-00-12.jpg

低血糖症
Screenshot_2016-11-11-21-05-13.jpg

低血糖症と月経前症候群
Screenshot_2016-12-09-17-59-56.jpg

色々調べて行くと、花粉症(アレルギー性鼻炎)と低血糖症とうつ病と月経前症候群と、ついでに更年期障害も繋がってきて。
ホルモンバランスや自律神経やらは、全て副腎疲労の項目に辿り着くんですね。

で、結局は

糖質制限をする
カフェインを避ける

しかないとあるんです。

気をつけてはいるんですが、ゼロにすることもできず、スッキリとは治りません。
が、知識があるのとないのとでは、「なんでこんなにしんどいんだろう」というときに、「ああ、甘い物とりすぎたな」とか「コーヒー飲みすぎたな」とか、「今は夕方だから神経が切り替わってるんだな」とか、冷静になれると思うんです。

なので自分の覚書の為にも貼っておきます。

最後にトドメの覚書。

_20170129_125318.jpg

だーよーねー(~_~;)
ワカッチャイルケドヤメラレナイ

さらば相棒

↑タイトルはARBふうに。
って若い人は知らんか(笑)

15年、毎日私の足となってくれていた相棒と、ついにお別れすることになりました。

DSC_0405.jpg

愛車を手放す時に、寂しい思いをしたと聞くのがよく分らなかったのですが。(車はあまり乗らないので(~_~))
今回初めてそれがよく分りました。
15年前というとルークが来るもっと前、仕事もしていた頃なので。
通勤で走っていた道などを、最後に一周してきました。

まだ動くので、中古で誰かが乗ってくれるでしょうか。

15年間ありがとう。

DSC_0406.jpg

で、その日のうちに新しい相棒がきました。

DSC_0412.jpg

色々迷ったのですが。
この前面が、レトロなデザインで気に入ったので。

DSC_0414.jpg

末永く、私の足となってくれますよう。

そしてご当地ナンバープレートです。可愛い(#^.^#)

DSC_0417.jpg

ちなみにこのバイク、「くまもんバージョン」というのもあるんですよ。
可愛いので興味の或る方は是非♪
ジョルノ・くまもんバージョン

部屋がキレイに

ぽんちゃんの本が面白くて。
お片付け本も買っちゃいました(笑)

_20160922_104657_4.jpg

筆子さんの辛口ブログも好きで毎日読んでいますが(『筆子ジャーナル』)ぽんちゃんのゆるーい目線も好きv
「ダメな自分」話に「あるある!」と共感し、自分も頑張ろう、と思えるし。

宣伝するわけではないですが、オススメですv(*^_^*)


断捨離本の各著者の違いはあれ、総じて思ったことは、

「物がたくさんあるというのは、決してお金持ちだからではない」

ということです。

むしろ「安いから買っとこ。」「タダなら貰っとこ。」っていう、

「ケチ根性」

が染み付いているんだと思います。(当然、私を含む)


「ケチ根性」で痛感したのは

1.いつか使う(着る)かも。←「いつか」は来ない。

2.何かに使えるかも。←ムリヤリな用途を考えない。

3.誰かが使う(貰ってくれる)かも。←不用品を人に押し付けない。

4.売れるかも。←ゴミで儲けようとしない。


この4つを基本として、ゴミ袋を片手に部屋の端からやっていけば、きっとスッキリ捨てられるはず!

はず!( ̄‥ ̄)=3 フンガー

・・・

他に具体的には、「頂き物はすぐ使うこと。」
頂き物って大抵、自分では買わない種類、メーカーのものが多いので。
「取り敢えず奥へ」仕舞ってしまうと、存在を忘れてしまう。
数年後に発掘したボディソープとか、怖くて使えないしね。例え高級なものでも。
勿体無いことになるなら、貰ってすぐに勿体無がらずに使うこと、とか。

あと、「綺麗な紙袋を取っておいて、お裾分けなどの時に使う」はよくやるんですが、ショップのロゴ入り紙袋に入れて人様に差し上げる、というのは、実は大変失礼なことらしいです。
例えシャネルでも。
なので取っておくならショップ名のないものを。

と聞き、家具の隙間にどっさり突っ込んであった紙袋を捨てました(笑)
隙間が開いたので掃除も出来ました。
隙間って物を突っ込んじゃイカンのね、ということを悟りました(笑)

今日は犬とは関係ない話になってしまいましたが。
確か去年の今頃から、断捨離が始まったのでした。
今年もようやく涼しくなってきたので断捨離熱が再燃してきたのかも?

この調子でがんばりまーす!

やめてみた。

ぽんちゃんの新刊を買いました。

R0172-1.jpg

「突然炊飯器が壊れた!この研いでしまったお米どうするの!?」から物語は始まり、
「とりあえず土鍋で炊いてみたら美味しかった」

「炊飯器、なくて良くね?」

と、今まで当たり前にあった物を見直してみたら、色んなものをやめることが出来て、生活がラクになった。

というお話です。

考え方は断捨離と同じなんだけど、「こうすべし!」「~べきではない」ではなくて、視点を変えてみる、って感じ。

勿論、生活スタイルは違うのでうちでは真似できない、って物も多いけど。
「すぐ『すみません』と言う癖を止める」→「『ありがとう』に替えてみる」とか
「苦手な人と付き合うのは少し距離を置いてみる」とか、モノ以外の「習慣」でも「やめてみる」ことでラクになったとか。

あー、あるある、って共感しながら読めました。

人間って「慣れ」がラクだから、「ちょっと生活を変えてみよう」「新しい視点で」ってのが面倒な気がするけど、そういうのを「面倒だわー、今更ー、ずっとこれでやってきたんだしー。もうトシだからこれでいいんよー。」って思ったら、脳が衰えていくと聞くし。
「新しいこと」「これなんだろう?」「やってみようかな」って思える方が、確かに若々しくいられると思います。

漫画だから読みやすいし、ぽんちゃんの本は読後にほっこりして元気になれるので好きです。
なんだかカリカリしてる時、秋雨続きでウツ気分な時、にオススメの本です。


うちの玄関に靴も玄関マットもないのは、きっかけはルークが咥えて逃げるのを阻止する為だったのですが。
(しつけの苦い味スプレーでびちゃびちゃにしてもダメだったので)
「無くしてしまえばいいか」と視点を変えて、置かないことにしたんですが、今では「何もない」のが当たり前の光景で、掃除もラクになって却って良かったと思ってます。

ラウルは仔犬の頃からあまりいたずらをしない子だったのですが、それはこの家がルーク仕様になっていたので、「いたずらしにくい」環境だったからかもしれません。


本日のラウル。

R0172-2.jpg

今朝は雨もなくしっかり散歩に行けたので満足して寝てます。
明日から三連休、お出掛けできたらいいなー。

はしか

ニュースで、「先月28日にりんくうアウトレットを、はしか(麻疹)感染者が訪れ、以降感染の被害拡大」と見ました。

28日!

行った日やん!; ̄ロ ̄)!

慌てて調べましたが、我々世代はどうやらワクチンを打っていません。
が、一度かかった人はかからないそうです。
我々世代より上、つまりワクチンを打っていない世代は、子供の時にほぼ全員が一度かかっているはずだから、抗体はあるとのこと。

ところが私の両親は既に他界しているので、聞ける人がいません。
そこで古いアルバムを引っ張り出してみたところ・・・

生後半年の時に「はしかにかかって熱を出した」と、写真の横に書いてました。
母は育児日記のように色々と記録してたようで。
助かったーーー。

ついでに懐かしい写真を少し。
こんなおもちゃ、あったよね?

R0170-1.jpg

ベッドの上に吊るす、カラカラ回るヤツ。

ビニール人形も。昭和30~40年代に流行ったんだと思います。

R0170-2.jpg

丸い起き上がりこぼしみたいのは多分セルロイドだったと思います。

R0170-3.jpg

以上、懐かし写真でした。(#^.^#)

そして先日の写真整理の記事に載せた、50年前のなんだか分らない薬の残骸の正体が判明。(笑)
生後1ヵ月で頭にアセモが出来て、その時の薬のようです。
治りが悪く、最後は頭のアセモをメスで切って膿を出したと書いてあった・・・ひえーーー(>_<)

最後にラウルの写真を1枚。
昨日はお客さん来て遊んで貰って、楽しく疲れて爆睡、の巻。

R0170-4.jpg

この体勢でイビキ掻いて寝ます。
寝違えへんかーーー。