覚書き

フラットコーテッドレトリーバー♂ ルークとラウル

新しいフェンス

って、いつの話やら(笑)

今年の春に家の外壁塗装をした際に、工事車両を庭に入れる為にドッグランのフェンスを撤去しまして。
その後、新しいフェンスに付け替えた時のおはなし。

先ず、穴を掘って、基礎を埋めます。
手堀りです;

R0204-1.jpg

等間隔に測って、水平も出しました。
セメントを流して、固まったらフェンスを組み立てて

完成。

R0204-0.jpg

2画像で終わっちゃったけど(^^ゞ数日かかったわーーー。

横の隙間からスリムなわんこが脱走しませんように、隙間も埋めました。

R0204-3.jpg

もとは木のラティスでした。こんな感じ。

R0204-4.jpg

ラウル3カ月の頃だ。ちいさーい(笑)

木製は立てやすいしお値段もお手頃だったのですが、傷みやすいし、台風の度に飛んだりしてヒヤヒヤしてました。
ルークの頃から3回ぐらいやり直したかな。
なので総合的にお値段もかかってしまったね。

今回は長持ちしてくれそうです。

さてラウルは、先月は湿気のせいかまた皮膚炎をおこしてしまったので。
この季節はプロに任せた方が無難だろうと、ショップにシャンプーに出しました。

きれいなうちに写真とっとく。

R0204-5.jpg

こうして比べると大きくなったなあ。

もう大きくなりませんけどね。3歳だからね。

R0204-6.jpg

縦の写真もあったので比べて貼っとく(笑)

3カ月と。

R0204-7.jpg

3歳。

R0204-8.jpg

大型犬は、この変化の差が面白いね(#^.^#)

R0204-9.jpg

金魚のバンダナが夏らしい

検査結果

検査の結果報告。実はふたつあります。(^_^;)

というのは、今月始めに私の乳がん子宮がん健診に行きまして。

・・・両方で引っ掛かりまして(>_<)(>_<)

あ、精密検査の結果は異常なしでした。

が、初めて引っ掛かったので、「大きな病院へ行ってきて」と言われた時はもうそれからショックやら不安やら

しかも大きな病院って、すぐ予約とれないし、検査や診察の科が違うから、何回も行かなきゃで。(>_<)

最終結果の「異常なし」を聞くまで1ヵ月近くかかったという・・・

まあ、何もなくてホッとしております。
私に何かあったら、ラウルの里親探しをしなくてはいけないか!?とかまで考えたし(T_T)
そろそろあちこちにガタがくる年齢だわね。健康を過信しないで精進します。。。

で、そんな間にラウルの膵臓の再検査とかもあったりで(それはクリアしたのは前回書きましたが)膀胱炎と、結晶が出ている、と尿検査で指摘されてたんですが。

先日再検査して、どちらも消えてました!

良かった(^。^)ホッ

尿路系に関しては、クランベリーのカプセルが効いたかなー、と思ってます。
ヤギミルクとかでたくさん飲水もさせたし。

でも膀胱炎は一度やるとクセになるそうなので、注意していかねば!

そんなこんなで今月はバタバタしててラウルの写真がなーい!(゚д゚)

唯一見つけた写真を一枚。

R0203.jpg

新しいクールマット届きました。
気に入って早速のってます。


ワクチネーション

先日、セミナーに行って来ました。
今回は食事じゃなくて、ワクチンのお話。

ワクチンが良いとか悪いとか、ではなくて、ガイドラインが変わりました、というお話です。
(狂犬病以外のワクチンです)

今まで毎年打つのが当たり前だと思っていたし
たくさん打つ程抗体が付くと思っていたし
証明書がないとドッグランやホテルに行けないし

ですが、打たなくて良いなら打たないで済むに越したことはない。

とも思っていました。

新しいガイドラインはこちら
(pdfで大容量となっています。PCで見てね。)

こちらのサイトの方が見やすいかな。
ワクチン接種のタイミングと回数

特筆すべきことだけ書くと

・毎年摂取→最低でも3年ごと
・妊娠中、授乳中、発情期のメスには接種しない
・コロナウイルスワクチンは接種不要
・レプトスピラワクチンは必要な場合に限り、その地域で発生しているウイルスのワクチンを単体で接種(有効期間が異なる。2ヶ月~半年ほど)
・レプトスピラワクチンは、仔犬には接種しない、又は、小型犬には注意が必要。

などです。

ただし、個体によって、抗体が3年もたない場合もあれば、7年以上もつ場合もあります。

大切なのは、抗体価検査をすること。

今までは、獣医さんによっては「面倒くさい客」扱いされていたかもしれませんが、ガイドラインの変更に伴い、徐々に抗体価検査も浸透していきそうです。
もちろん、お金もかかるし、「だったらワクチン打っちゃった方が安上がりじゃん。9種も11種も同じ値段なら多い方がトクじゃん。」と思われる方もいるかもしれませんが、リスクが高くなることも知って欲しいです。

シニア犬に関しては、それだけリスクも高くなるので打たないで済めばいいのですが、感染した場合は重症化の危険もあるので、やはり 抗体価検査 をして、決めて欲しいとのことです。
抗体がついてない、けど打ちたくない、場合、不特定多数の動物が集まる場所には連れて行かない、等、配慮できますからね。

証明書、ですが、これは認めてくれるところとそうでないところがありますよねー。
今後、抗体価検査証明書が同等のものとして使えるようになるといいですね。

ちなみに狂犬病予防接種に関しては今の所法律で毎年接種が義務化されてますので。
不本意ですが打ってます(ーー;)

再検査 クリア なれど

ごたごたしてましてブログご無沙汰
ラウルは元気です(#^.^#)

先月の血液検査から食事の見直しをして1ヵ月。
再検査に臨んでまいりました。

リパーゼ数値 250→26 に下がる。

やたーーー\(^o^)/

と思ったのも束の間。

尿検査でまさかまた引っ掛かる; ̄ロ ̄)!ガーン

前回 pH9 のアルカリが出てしまった為、こちらも食事の見直しをしながら、実はこんなものを買ってました。

R0202-1.jpg

熱帯魚の水槽のpH値を測る試験紙。
これでラウルの自宅尿検査をしてました(^。^)

で、だいたい pH6-7 ぐらいになっていたので、こちらはクリアするだろうと高を括っていたら。

pHはクリアしましたが、 細菌が見られるということでなんと

膀胱炎; ̄ロ ̄)!ガーン

抗生剤投与となりました。
結晶も少し見られるというので、こちらは食事療法がどうとかネット調べれば色々書いてますけど、それよりもとにかく

水を飲ませろ!

ということです。
たくさん飲んでたくさん出せば、細菌も結晶も流れ出る。

が、あらためて観察してみたら確かにラウル、あまり水を飲んでない。
大型犬(しかもレトリーバー)の割りに、がぶ飲みする子じゃありません。
これは、小型犬のようにスープやヤギミルクで強制的に飲ませるしかないかな(^^ゞ

ということで尿検査だけ継続です。うぅorz

本犬いたって元気ですけど。
こちらは公園へ朝散歩の時の。

R0202-2.jpg

コンビニでパン買ってって朝食にしました。

ラ「パンくださーーーい」
R0202-3.jpg

ケロちゃん

前回、血液検査の結果が・・・と書いた後、また吐きました(>_<)

最近、たまに吐くんですよねー、とか書いたけど、手帳を(記録してある)見てみたら結構前から、それも割りと 頻繁に 吐いてるやん!Σ(´Д`lll)エエ!!

お友達(生食仲間)に相談すると、「量が多いんちゃう?消化不良起こしてるのでは?」とのことで、ちょっと暫くは量を減らして(食いしん坊なので可哀相だが)消化吸収の良いものにしてみます。

あらためて。
来月の再検査で改善されてたらいいなー。

話変わって。
3歳の誕生日で買ってもらった新しいお友達のケロちゃんがお気に入り。

R0201-1.jpg

お気に入り過ぎて、買って5分程でパスッとやってしまい、ケロちゃんそれきり鳴かなくなりました(>_<)

R0201-2.jpg

寝た。

R0201-3.jpg

ユキママさんのブログで見つけたの。面白そうだからやってみました。(笑)

R0201-5.jpg

あなたの知られざる魅力とは!?

愛される理由をチェック

動物にモテモテ。
ま、動物やからね(笑)

FC2Ad